韓国駆逐艦レーダ照射事件の迷走と毎月勤労統計ごまかし問題から、「お気持ち民族主義者」と生活保護叩きとエコー・チェンバーについて考えてみる。

韓国の駆逐艦が日本の哨戒機にミサイルを誘導する「レーダー」(レーダーというより、照射器・イルミネータですね)の電波を向けてゴタゴタした問題、日本側が電波の内容を音声にしたもの(電子戦をやる人はこういう装置の助けを借りる)を公開して協議を打…

週刊SPA!騒動とNGT48暴行事件とオリンピック汚職に共通してる、日本の腐敗の深刻ぶり。

さて、松の内も終わりました。全く何も出来てないのですが、皆さんどうお過ごしでしょうか。寒いし、どうもいけませんね…※この記事は、noteでも公開しています。気に入られましたら、是非「投げ銭購入」をお願いしますm(_ _)m 週刊SPA!「ヤれるJD」記事バッ…

早野「インチキ論文」事件・広河セクハラ事件から、原宿竹下通りテロ事件まで見直して、この国のことなかれ主義の核心について新年に考える。

あけましておめでとうございます。 昨年中は、お読み頂きありがとうございました。 本年もよろしくお願い申し上げます。 昨年末、急に忙しくなって最後の文章を書く余裕がなくなり、三が日まで色々とあって、一通り終わったら一気に気が抜けて寝込んでました…

日経大暴落と韓国海軍レーダロックオン事件から、疲弊してるこの社会のことなどを考えてみる。

さて、早いものでもう、2018年も一週間を切ってしまいました。個人的にはろくに何も出来ず、「守り」に入るよりないような一年で、身体もいいのか悪いのかわからないような、微妙な年になってしまいました。※この文章は、noteでも150円で販売してます。…

水道法・漁業法・入管法の改悪のゴタゴタと同時に、総理大臣の精神的危機や悪魔に魂を売ることについて考えてみる

師走となりました。もう一年経ってしまったのか。と、我ながら呆れてしまっています。本当に月日の流れるのが速いと感じる一年でした。 さて、昨晩(12月8日の夜明け直前)、水道法の改悪・漁業法の改悪・入管法の改悪(「移民の立場を悪くして安い給料で…

日韓対立と「嫌韓疲れ」?と移民受け入れ問題から、見捨てられてきた人々と価値観の再構築について考えてみる。

一気に寒くなりましたね。本当に、身体が混乱してて、散々な状況です。一週間くらい前まで暑かったので冬支度も大慌てでやって、なんか、どうなってるんだ今年の天気は。と思わざるを得ません。 ※この文章は、前回の続きです。 「防弾少年団原爆Tシャツ騒動…

「防弾少年団原爆Tシャツ騒動」から、過剰に寄り添わず突き放すことの大事さを考えてみる。

※この原稿は、2018年11月12日にnoteで公表したものです。 韓国のアイドルグループで来日してドームツアーをやってる防弾少年団が「原爆Tシャツ」を前に着ていたことが問題とされてネットを中心に騒ぎになってる件、色々と議論はあるのですけど気になるのは、…

【お知らせ】noteで有償文書を公開しました。

この間の韓国の防弾少年団をめぐるゴタゴタについて、ちょっとした文章を公開しました。今回、試しに一部の公開だけで残りについては11月23日くらいまで有料ということにしてみました。 note.mu 「防弾少年団原爆Tシャツ騒動」から、過剰に寄り添わず突…

「SSSS.GRIDMAN抱き枕事件」と「韓国徴用工訴訟」日本敗訴から見る、落とし所の重要性。

寒くなってきましたね。私は相変わらず調子がよろしく、何度か腸がよろしくなくて寝込んだりしてたのですが、時折飲んでるジャルジーラマサラをふと思い立って飲んだら、腸の調子が良くなって、気力も戻ってきました。 www.ambikajapan.com ※インド関係の食…

安田純平氏の「解放」を祝いつつ、自己責任論を繰り返すことのダメさを歴史から考えてみる。

秋になった割には、今日は暑いですね。この一ヶ月、台風が過ぎてから身体がボロボロになって大変です。皆様もお大事に。 さて、今までに書いてきた文章が相当な分量になったし、私の個人的な事情で貧乏さが酷いところもあるので、noteで、ここに書いたのと同…

「オプジーボ」の高額医療に関するゴタゴタとキズナアイ問題から、日本の意思を決めてるエリート層の腐敗を乗り越えることについて考えてみる。

※おしらせ(2018年10月30日):「投げ銭有料版」を公開しました。気に入られた方はぜひご購入を。 秋になりましたね。私は、先週の日曜の台風通過で気圧の変化で身体が痛くなった…と思ったら、こんどは腸(大腸?)が猛烈に痛くなり、汚い話ですが水のような…

「新潮45」廃刊騒動とサロン商法なる物から、みんな教養を身に着けようと考えてみる。

LGBT(同性愛者や両性愛者やトランスジェンダー)を巡って、ボロクソにけなしたと言ってもいい杉田水脈議員を擁護する特集を組んだ雑誌「新潮45」が猛烈な抗議で休刊・事実上廃刊になりました。杉田議員の発言にしても、その前後に同じような理屈で色々言…

自民党総裁選や沖縄基地問題から見る、「法律をまもること」の限界について考えてみる。

今まで暑かったのが、急に寒くなってきました。どういう天気なんだろうか…と思いつつ、皆さん。お体おだいじに。北海道でも大地震があり、関西地方や北陸地方は物凄い台風で大変なことになってますが、皆さんどうかお気をつけて…。 北海道震度7:死者数、政…

中国の検閲を理想という、角川グループ社長の「海賊版排除の為にネットを検閲しろ」発言から見る、この国のエリートの崩壊ぶり。

台風がすごいことになってますね。今も外は風がすごくて、下手に外に出られない感じになってます。みなさんも、お気をつけて。 角川グループ社長の「OP53Bを徹底せよ」発言の波紋。 ※2018/09/05昼 おことわり:この文は、角川CTOの川上氏の経歴を、iモードに…

敗戦記念日の「ノモンハン事件」番組から、この国の無責任体質が続いてる事に改めて向き合ってみる。

今年も、終戦記念日と言われてる敗戦記念日が過ぎていきました。今年のNHKは、ノモンハン事件での関東軍や日本陸軍の無責任さをNHKスペシャルで取り上げましたが、これは、改めてドン引きするしかなかった訳ですよ。辻政信という関東軍(当時日本が植民地に…

2020東京オリンピックに、日本社会の大半が嫌気が差してる殺人的猛暑の2018年夏。

珍しく、2日連続で書いてみることにします。西日本新聞に、数日前にこんな記事が載ったとツイッターで見かけました。 東京五輪が待ち遠しくない 2018年08月05日 10時41分 われながら気弱な書き出しだが、今回のコラムは大多数の読者から賛同を得ようなどと…

殺人的猛暑と大豪雨の被災者を見捨ててる社会の有り様から、色々考えてみる。

死にそうなくらいに暑いですね。私の住んでる関東だと、台風が近づいててこの数日は暑くなくなってはいますが…。台風の影響があまり無い地域では、相変わらずの殺人的な猛暑で大変だと思います。お大事に。自衛をお忘れなく。 時事問題としてこのブログを書…

殺人的猛暑の夏に、「正しく集団を見捨てること」について考えてみる。

夏ですね。しかも猛暑です。何年かぶりに身の危険を感じる暑さで、全国の大半が殺人的な暑さになってるということで、皆さんお気をつけてくださいね。 自分や家族の身を守れるのは、この社会では自分達だけなんだ。と言う事を思い出してくださいね。 酷い猛…

「平成最悪」の豪雨・大水害での被災者見殺しと、オウム幹部「処刑」から、人を人と思わない偉い人たちについて考えてみる。

台風が接近したことによる、この何十年かで最悪の大雨・そして、大洪水が西日本を中心にありました。亡くなられた方々の無念や苦しみを感じ、合掌させていただこうと思います。 「平成最悪」の豪雨でも、全国の自衛隊を動かさないで被災者を見殺しにしようと…

「幸色のワンルーム事件」と、児童養護施設廃止を後押しするリベラル側の動きに共通した、身勝手で無責任な「善意」。 

最近、寒くなったり暑くなったりで、本当に、困ったものですね。 暑いからとエアコンを仕方無しにつければ寒くなるし、寒くなったからと切れば、暑くなる。 もうすぐ夏なんだろうと、諦めていくより無いのでしょうね。 勝手に作品を決めつけ・潰し・そして、…

ラノベ作家のヘイト書き込みがアニメ化中止に繋がった事から、正義とその腐敗について考える。

最近、物凄く気分の悪い日が続きますね。お天気もですが、世の中の動きが急変してるのに、その事をみなかったかのようにして続いてる状況を見てると、それが最後にどういう結果を私とか私達に突きつけてくるのか、半分読めてきてしまうような気がして、本当…

日大アメフト部事件や佐川不起訴から、暴力不在の日本を振り返り、今後を考える。

梅雨に入るか入らないかとなってきました。もう少し前に書きたいとは思ってたのですが、5月の頭から左の腹が異常に痛くなり、痛みがある程度治まってから検査したけど何も出てこず(只、腸に炎症があったけど治りはじめてたのはわかった)、その後もズルズル…

青地イザンベール真美氏の「パブリックエネミー」舌禍事件から、革命のジレンマを考えてみる。

天気がコロコロ変わるだけでなく、気温が上がったり下がったり、それも非常に大きな温度差だったりして、大変な思いをされてる人も結構いるのではないかと思います。私も、連休の直前に熱を出した時に、運悪く急性の副鼻腔炎(ちくのう症)を一緒に発病して…

北朝鮮と米中韓の「歩み寄りの輪」から、外された「幼稚で粗暴な日本」。

一気に本題に入ります。 北朝鮮の金正恩・労働党委員長が、朝鮮戦争の停戦ラインである38度線のラインを徒歩でまたいで韓国を訪問しています。この時に、金正恩委員長は、韓国の文在黄大統領が「北に行けるだろうか」などと話したのに対して、「一緒に渡り…

社会がもてはやす「正義の人々」が、酷い差別や無視をすることでの、社会の大きな損失。

なんとも、気候の変動が凄まじくて、身体が弱りすぎてる昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか。 更には足の筋肉が弱ってきてるようで、これをどうしたものか、ずっと考えてしまっております。 みなさんも、お大事に。 「わたし達は買われた展」が称賛されて…

所得格差が教育格差になっても仕方ないと諦めるよりも、身の回りを皆で自力で変えてく必要性。

一気に気温が上がったと思ったら下がり、上がり…皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は、冬の間の耐乏生活がたたってか、身体が痛いのです。世の中を見ていても、私よりも若い人が急死したり昨年くらいに発見されたガンなどによって亡くなったりすることが多…

森友問題での「被差別部落デマ」から、この国の言葉のありようを考えてみる。

春になりました。この時期は、どうも天気やなんやの影響を受けやすいようで、色々身体的に困ってる間に三週間近く過ぎてしまいました。みなさんも、お気をつけて。 佐川元理財局長は、何を守ろうとしてるのか。 さて、今、森友事件での財務省・佐川元理財局…

東日本大震災の原発災害のてんまつと、森友問題での財務省「陥落」の報道の二つで、考えてみる。

さて、東日本大震災から七年目になりました。14時57分(訂正)14時46分の地震の後に、15時半前後から壮絶な大津波が、北海道・青森から千葉にかけての太平洋岸だけではなく、東京湾などにも繰り返し押し寄せてきて、非常に多くの方々が流され命を喪いました。…

森友学園問題での公文書ねつ造問題からみる、国への信頼感の裏でうごめく悪い人々の、影。

色々と書こうとは思いつつつ、別件にかなり力を入れていて、こちらを書くだけの時間を確保できない内に、なんだか色々と世の中がうごいてしまいました。 森友学園への国有地払い下げ問題で、財務省と近畿財務局が国会に出した書類が、露骨に改ざんされていた…

下町ボブスレーのグダグダぶりと奨学金問題から見えてくる、日本の産業と社会の崩壊。

さて、オリンピックが始まりました。私自身は、どうでもいいどころか、次の東京オリンピックが明らかに上級国民が国の富を火事場泥棒みたいに自分のポケットに奪っていくための方便になってしまってる(と言うか、最初からその目論見があったように見えてい…