コロナウィルス肺炎の蔓延のご時世に、「ラブライブコラボ」が言いがかりで炎上した事から、社会の腐敗を考えてみる。

 コロナウイルスがどんどん拡がり(日本語としておかしい気がしますが)、政府も自治体もグダグダな対応でどんどんおかしなことになってますね。
mainichi.jp
mainichi.jp

 私も、1月の前半くらいから調子を崩し・後半になって微熱まで出たので医者に行ったら「風邪じゃありませんねー副鼻腔炎蓄膿症)かもしれないので抗生物質出しますね」と言われて薬もらって飲んだけど、多少は効いても今ひとつだったのでもう一度お医者さんに行ったら、免疫が弱ってるのかも知れないので、漢方薬で免疫回復しつついくつか検査しましょう…となって、血液検査やらエコーやらして様子を見てるという状況です。

 余りにズルズル不調が続くしこんな症状になったこともないし、5ちゃんねるとかで同じ様な不調を訴える人が見られたり・外国の人も含めて、コロナウイルスに感染してる人が似たようなこと書いてるらしいという話もあって、まさか、コロナウイルスに感染してるのでは…と戦々恐々とする日々です。

 お医者さんの側でも、この症状だとコロナウイルスの検査に出せないので、困ってる感じもありますし。

 皆さんも、お気をつけて…。

※この文章は、一週間から二週間程度で、noteでの「投げ銭購入」で全文読めるようにお願いしています。
どうか、持続的な物書きのためにご支援をお願いします!!

note.com

ラブライブ!サンシャイン!!」とJA南駿のコラボパネルが「性的だ」と炎上し、一旦撤去に。

 さて、ラブライブ!サンシャイン!とコラボしてみかんを売り出したJA南駿(なんすん)が、ららぽーと沼津に、コラボしたパネルを置いた所、なぜか「股間の線が性器を強調してる、けしからん!」と言いだすような人の眼に止まり、それが大炎上して、JAなんすんやららぽーとに苦情の電話が殺到し、パネルの展示が終わってしまいました。
www.j-cast.com
togetter.com
www.change.org

 要は、今までもよくあった性的搾取がどうこうとか公的なところに出すな。的な話に、フェミニズム運動に関わってる人たちや支持者たちが持ち込んで、それで圧力を受けたららぽーとが「自粛」に走ったようなのです。

炎上から撤去に至るまでの経緯を短くまとめて、この炎上がなんだったのか改めて考えてみる。

 これで、色々な議論が起こってて。でも、私が一番に思うのは、「何故、これが炎上したか」なんですよね。炎上する過程で、

  • 特定の人たち(と言っていいでしょう)がこれは性的だ!女性を性的に描いてる!許せない!と言い出して、
  • リベラルを自称する人たちも含めて、拡散し、電凸を煽ったり非難を煽ったりする
  • 抗議された側が折れる

  と言う流れだったんですよね。このような流れは、何度も起こってて、結局、炎上させられた側が「ごめんなさい引っ込めます」と言うまで、続いていく訳です。碧志摩メグや美濃加茂町の「のうりん」コラボの時や、それ以前から繰り返されてきた。そして(今調べ直したら、ソースが消えてるようなので、断定した形では言えなくなってるのですが)自治体などが絡んだ場合に特に見えていたのですが、炎上騒動の後に、ジェンダー問題に関する講演会や学習会が炎上した組織で行われたり・男女共同参画的な審議会が新しく設けられてたりして、そこには、炎上を煽ったインフルエンサーやそれを拡散したりした「フェミニズムの偉い人」がj講師や委員の仕事についてたりする訳です。

news.yahoo.co.jp
togetter.com

「AV強要問題」と「萌えコラボ炎上」、「マンガ規制」との共通点を考えてみる。

 一年少し前に、AV出演が強要されてる。と「女性の人権問題」に取り組んでる弁護士が言い出し、その強要が行われてるのが、業界団体にも入らず・反社組織とのつながりも指摘されてきた会社だったということも含めて、色々と検証がされて「強要は例外的に近い」と言う話がされたにも拘らず、フェミニズム運動が警察と一緒になって業界団体を突き上げ・倫理委員会を立ち上げさせて、審議会の椅子を警察などと一緒にゲットする。と言う事があった訳です。

gendai.ismedia.jp
matome.naver.jp
togetter.com

 これと同じようなことは、1980年代末以降、「ポルノコミック」として漫画を攻撃し「青少年の健全育成にとって悪い」と一方的に決めつけ攻撃した後で、青少年健全育成の審議会の椅子や男女共同参画関連の事業をフェミニズム運動の代表者たちがゲットする。と云う事でもあった訳です。

togetter.com
kamayan.hatenablog.com
kamayan.hatenablog.com

…要は、「これは政治的に正しくない」とフェミニズム運動の偉い人が非難すると、フェミニズムの支持者と自称リベラルの人たちが相手を「勝手に」炎上させ、それで困った炎上先の会社や団体やお役所が、折れて引っ込めて少したった辺りで、フェミニズムの代表者達に「楽して稼げる」上に社会全体の人々の人権を抑え込めるような立場の仕事を与える。と言う構図が、ずーっと昔からある訳ですよ。

※この文章は、一週間から二週間程度で、noteでの「投げ銭購入」で全文読めるようにお願いしています。
どうか、持続的な物書きのためにご支援をお願いします!!

note.com

「ネット時代」に遅くも対応した、フェミニズム運動の炎上戦略。

 碧志摩メグ騒動以降・多分その少し前から、フェミニズム団体やフェミニズムの偉い人が公式に記者会見で非難したり「呼びかけ文」で非難して運動内で廻すだけで行くという古いやりかに、「ネットで支持者に炎上をけしかける」「メディア批判させない圧力に、炎上を利用する」と言うのが、加わってる訳ですね。まるで、00年代のネット右翼と「保守」を自称する人たちが、デタラメな差別や物言いをそうやって社会に押し付けたのとそっくりだ。

この手の炎上事件と「エセ同和行為」問題との共通性。

 昔から、「同和ゴロ」と言う問題がある訳です。被差別部落への差別というのが酷い事に対して、部落解放同盟のような被差別部落の人たちが立ち上がって、差別の解消や暮らしの改善を求めて来てたのですが、60年代くらいから、部落解放同盟の一部の幹部が、「自分達が差別だと思ったら全部差別だ」と言う朝田理論を言い出して、それに基づいて、差別と言うには余りに些細すぎて差別的な意図もないようなテレビなどでの細かい表現や仕草を差別だと決めつけ・テレビならテレビの関係者を呼びつけ・百人以上の運動関係者の前に立たせて「糾弾」(要はつるし上げですね)して、謝罪させるだけでなく自己批判をさせて徹底的に心を折る。と言う事が、頻繁に起こっていった訳です。

tubame-jiro.hatenablog.com
www.bll.gr.jp
ja.wikipedia.org

 そうなると、テレビにせよ新聞社や出版社にせよ、事なかれ主義になって、細かい表現ですらどんどん「ダメな表現」にしていくし、部落解放同盟などの被差別部落の団体の代表者に、「楽して稼げる」審議会の椅子などを用意して行くというのが普通に行われていくようになるわけです。

yama-ben.cocolog-nifty.com
note.com

 そういう中では、全く差別の意図がないような表現や発言・オフレコのも含まれた発言なんかをあげつらい・こいつはこんな差別をしてるんだぞ!許せない!と街宣車やビラで糾弾しつつ、この問題を被差別部落の団体に拡げてほしくなければ、楽して稼げる仕事をよこせ。薄っぺらい機関誌を毎月数万円で購読しろ。とか言う人たちが出てくるのも当然だったんですよ。「エセ同和」などと呼ばれていて、特に80年代後半から00年代頭にかけて、そのような「商売」が盛んに行われてた。

www.moj.go.jp
blhrri.org

※この文章は、一週間から二週間程度で、noteでの「投げ銭購入」で全文読めるようにお願いしています。
どうか、持続的な物書きのためにご支援をお願いします!!

note.com

エセ同和行為や「自分達が差別と思えば何でも差別」理論が、被差別部落の人を見捨てて当然という社会風潮と政治をのさばらせてる。

 この事によって、差別がなくなったか?といえば、水面下に潜っただけで、被差別部落が絡んだ不祥事が起こると、それみたことか!と再び差別が盛り上がってしまう訳です。そして、被差別部落の人が多い大阪の水道や清掃などの労働組合を中心に、市役所などの労働組合で不祥事があった00年代頭には、差別が息を吹き返し・それに便乗する形で橋下徹と言う人が大阪市長になり、部落差別を改善する為の政策をどんどんとなくしただけでなく、貧乏な人や困ってる人たちに対する福祉や生活改善の為の政策や、学校に行くのを助ける予算をどんどんとなくして行ってしまった訳です。そして、それは、「部落」に対する差別や反感が大阪にはびこってることもあり、批判がされずにどんどん推し進められて、大阪の多くの人が、今も生活に苦しんでる。

osaka-shiroso.com
blog.goo.ne.jp

 ラブライブ!サンシャイン!の件で、私が今まで持っていた疑いを確信に変えることが出来たのですが、フェミニズムを盾にして、「エセ同和行為」を行うために、どうってことがない表現に対して重箱の隅をつつき・非難し、こんな物を公共の場に出すな!となんで煽ったり炎上のために拡散したりしてる人たちがいるということなんですよね。

※この文章は、一週間から二週間程度で、noteでの「投げ銭購入」で全文読めるようにお願いしています。
どうか、持続的な物書きのためにご支援をお願いします!!

note.com

被差別部落運動が行った「過ち」から、フェミニズム運動と左派リベラル界隈が陥ってる「過ち」を推察してみる。

 それは、「運動」の内部では、多分、かなりシステマティックに行われていて、「こうすれば支持者たちが炎上を勝手にやってくれる」「リベラルを含めた自分達の”なかま”が、正当化して批判する人たちを攻撃するには、こういう理屈を付け加えればよい」っていうふうに「王道」が出来てるんだろうと思うんですよ。

 それこそ、部落解放同盟で「朝田理論」を振り回し・火のないところに火を付けて周り、それによっていろんな利権や楽して稼げる仕事を手にする幹部が相次いだ時代にも、そういうのがあったでしょうし。

 そういう人たちによって、日本の文化がぶち壊されてる。と言う事を、多くの人にわかってほしいし、そういう人たちを、声が大きいとかマスコミが味方についてるからと、怖れて行くのではなく、そのような人たちの不正とかデタラメをきちんと踏まえた上で、社会の多くの会社や団体や役所が、「エセ同和行為」や「総会屋行為」「暴力団みかじめ料をせびる行為」に対して毅然とした対応を求められてるのと同じように「毅然とした対応をしてほしい」と働きかけて、はねのけたほうがいいのだ。と言う状況を作っていく事が、私達がすべきことだと思うのです。

このような「負の連鎖」を、私達が終わらせないと日本が完全に壊れる。

 人々が、真面目に・理性的に動くことで社会を変えていくのではなく、インフルエンサーが考えたことを多くの「兵隊」が実行して炎上させて社会を変えていくのが当たり前になってるから、コロナウイルス肺炎で「やってるふり」しか出来ない総理大臣や政府・官庁が、コロナウイルスだけでなく桜を見る会での買収や森友事件のような完全にアウトな真似をしてもなんとなく許されて大きな顔をして、コロナウイルスにかかった人たちを見殺しにして当然のような態度をしてるんですからね。

 すべての事は、細いひもでかも知れないけど、つながってるし、自分達の生活や心・生きていくことを護るように社会を変えていくのは、結局は自分達でしか無いのですから。

※この文章は、一週間から二週間程度で、noteでの「投げ銭購入」で全文読めるようにお願いしています。
どうか、持続的な物書きのためにご支援をお願いします!!

note.com

新型コロナウィルス肺炎問題と宇崎ちゃんは遊びたい!の赤十字との再コラボから、表現の自由と検閲の禁止が社会を災害から護ってるのではないかと考えてみる。

 お久しぶりです。

 いろいろ書きたいことは出るものの、まとまりかけた所で用が入って、鳥頭よろしく忘れてしまうのを繰り返しておりました。

 後、みなさん、文章のお買いあげありがとうございます。本当に、助かります!

※この文章は、十日から二週間程度で、全文を読むにはnoteでの「投げ銭購入」が必要になるようにします。持続的な書きものが出来るように、是非、投げ銭購入や「サポート」でのご支援をお願いします!!!m( _ _)m
note.com

新型コロナウィルス肺炎が、中国の武漢市を爆心地に拡大してる。

 さて、色々な問題が、相変わらず噴き出しています。

 コロナウィルスの件でも、「災害対応の安倍」が本領発揮して、やってる感だけだしてロクに対処をしないのが繰り返されてる日本があるわけですけど、そこに関しては後ほど。

 コロナウィルスの件で、まだ感染が表で話題になってなかった時期に武漢で「奇病」が起こってるのを診ていたお医者さんたちが、グループチャットで情報共有して議論した結果「SARSによく似たコロナウィルス感染症だから対策すべきだ」ってSNSで公表して自衛を呼びかけた所、お医者さんたちが向こうの警察である公安に捕まって、当局に「自己批判」を書かされた上で釈放されたと言う事件が一月頭にありましたが、そのうちの一人のお医者さんが、コロナウィルス感染症で亡くなりました。まだ、33歳だったということです。
jp.wsj.com
toyokeizai.net

新型コロナウィルス肺炎だという話を拡散しようとした勇気あるお医者さんたちに罰を与えた、中国当局

 この件では、件のお医者さんたちの勇気ある告発と呼びかけで、やっと「奇病」がなんであるかわかり始めたものの、それから約20日間、武漢市の地方政府も北京の中央政府も「デマだ」「デマを言ったものは逮捕する」と繰り返し・否定し、コロナウィルス感染症の実態の報道が一月一〇日過ぎには中国以外のマスコミで度々報じられたものの、中国の中にいる人達の殆どは、その情報を知ることが出来ず・武漢などのパンデミックが起きたところでも奥歯に物が挟まったような感じでしか感染症の話を出来ず・うわさ話も殆どなかったらしいというのですから、習近平が権力を握ってる今の中国の、言論や表現の自由のなさと風通しの悪さを象徴する状況があった訳です。
mainichi.jp

 そして、最初は武漢市での感染実態があまりにひどくなったことで、情報を押さえ込みきれなくなり・渋々中央政府パンデミックを認めて、武漢市の市長が「上(北京の中央政府ですね)から事実の公表をするなと圧力がかけられてた」とテレビで爆弾発言する事態なんかもあったりして、そこから一気に武漢市の封鎖や病人への対応に軍や他の地域からの応援が行われると言う事になっていった訳です。

情報統制の厳しい習近平体制下の「大災害」で、デマとも本物ともつかない情報が内外で渦巻いている。

 そして、「これが武漢市の実態だ」として沢山の動画などが流されるようになりましたけど、その多くが「法輪功」を中心とした「反北京政府」側からの情報で、現地の人達の動画が出てくる事もあればフェイクの動画が流れ出てくることも同じくらいあって、何が本当なのか容易に見分けられないという状態に、中国の外側では置かれてるんですよね。そして、多分、中国の内側にも検閲をかいくぐって沢山の情報が飛び交ってて、混乱してしまってる。

※この文章は、十日から二週間程度で、全文を読むにはnoteでの「投げ銭購入」が必要になるようにします。持続的な書きものが出来るように、是非、投げ銭購入や「サポート」でのご支援をお願いします!!!m( _ _)m
note.com

情報統制や表現弾圧が日常化してる中国当局は、人々の信頼も喪ってる。

 日頃から、少しでも政府の都合の悪い話しがあると、ネットでほのめかしただけで検閲され・削除され、拡散した人含めて家に公安(警察)が突然押しかけてきて「どこか」に拉致されてしまうというのが、この何年間かの習近平体制での中国では当たり前になってしまっていたので、中国の「内側」も「外側」も、中国政府が言ってることをマトモに信用しなくなってる。
cybersecurity-jp.com
monipla.com
toyokeizai.net
 そういう「信頼が喪われてる状況」では、パニックも起きやすいし、色々な形での差別や暴力も蔓延しやすく、パンデミックが起こってしまうと収拾が難しいし・パンデミックに至るまでにもみ消すことも当たり前に起こりますから、事態が取り返しつかなくなるまで放置されてしまうのも珍しくなくなるわけですね。

宇崎ちゃんは遊びたい!が、再び赤十字とコラボ。そして、アニメ化が発表。

 少し話を変えてみましょう。「宇崎ちゃんは遊びたい!」が赤十字社とコラボをして献血キャンペーンをやったのが、「フェミニズム」を自称する人達や「リベラル」を自称する人達から「性差別的」「奇形を出すな」などと攻撃されたのが、確か、去年の10月。その後沢山の議論となり、色々な事があった後で、この二月、再びコラボキャンペーンが行われて・しかも、出版元の角川がアニメ化を始めてる事が公表された訳です。
その事を巡って、又、色々な議論が蒸し返されてるものの、「奇形」「差別」を根拠に排除を要求する人達に批判が集まったことで分が悪くなったのか、前のようなバッシングの勢いがなくなってる訳です。

※ここから先は、noteで「投げ銭購入」の上、お楽しみくださいませ m(_ _)m
note.com

見出しのみ:

「あっていい表現・悪い表現」を誰かのお気持ちで一方的に決めるのは、中国と似ている。

日本の憲法21条が、日本を他の国のような「中国人・アジア人差別」が行われることから救ってるのではないか。

言論の自由表現の自由と検閲の禁止が優先事項として書かれてる日本の憲法が、人々のパニックを和らげている。

風通しのいい社会は平時は人々を不快にさせるけど、災害時には不当な差別や不要な恐怖から人々を護る事になる。

新年早々、自殺事件や通り魔事件が相次ぐことから、日本という魚が「しっぽ」からも腐ってたということを考えてみる。

 皆様、あけましておめでとうございます…と言いたいところですが、厄介なニュースが沢山入ってきてて、書かずにいられないので書こうと思います。

※この文章は、一週間くらいでnoteで「投げ銭購入」を全文読むのに必要にしよう…か迷っていますが、持続的な物書きへのご支援の為に、是非、noteからの投げ銭購入やサポートをお願いしますm(_ _)m
note.com

新宿南口の陸橋で、白昼堂々首吊り自殺。そして、下で無力感に打ちひしがれてる人々。

 仕事始めとなった一月六日の昼前に、新宿駅の南口とバスタ新宿をつなぐ陸橋の上で、白昼堂々首吊り自殺する人が現れ、ネットで画像が拡散したりなどして騒然となっています。
matome.naver.jp
 首吊り自殺の直後に陸橋の下から撮影されたと思われる写真を眼にしましたが(ここに載せていいかどうか迷う)、多くの人が祈るようにうなだれたり、他の人達は呆然としていたり、何もなかったことにして通り過ぎようと半ばパニックめいてる人達も、いた。
matomedane.jp
 多くの人が止めようとしたのでしょう(これを書いてる時点では、自殺直前の動画などを見ていない)、しかし、この方は自殺してしまった。

 流石に、自殺という事実以上に、その下で無力感にひしがれてる人達を見ていて、色々と考えてしまったんですよ。こんな国に、誰がしたんだと。こういう形で、半ば「呪い」をかけて自殺をするよりないところまで追い込まれた人の無念たるや、相当なものがある。

三宅雪子衆院議員が死亡・自殺か?

 そして、三宅雪子衆議院議員が水死体で発見され、入水自殺の可能性が高いという報道が、その後ありました。
mainichi.jp

 彼女は、長年、「支援者」を名乗ってる一部の人達…大抵は「小沢一郎信者」・オザシンと言われてた…から、執拗に嫌がらせをされてきました。彼女が師と仰ぐ小沢一郎氏にあることないこと吹き込んだり・逆に彼女に小沢氏がこういったと、事実無根の話を吹き込んで揺さぶったり…勿論、ネットでも彼女に関するデマを流布したり・小沢氏から切られてるなどと流したり。
togetter.com

 私生活でもストーカー被害に悩んでいて、彼女は裁判を起こして昨年勝ったのですが、その後もストーカー行為や嫌がらせが治まることはなく、結局、死を選ぶところまで追い込まれた。
togetter.com
togetter.com
 どういうきっかけでそうなったかはわからないですが、この十年弱、彼女はそういう形で揺さぶりを受け続けてた。

佐藤あずさ・前八王子市議に対する、「支持者」からのいやがらせ。

 似たようなことが、社民党の八王子市議だった佐藤あずさ氏に対してもやられていて、彼女は結局「政治家から引退」する事でどうにか難を逃れるようになってるわけです。彼女の「支持者」を自称する、左派・リベラル系の人達が無理筋の要求を繰り返し・彼女が拒んだら恫喝を繰り返すような事をしていて、彼らは社民党どころか「左派・リベラル」界隈に一定以上の影響力や知名度があるので、彼女はどんどん疲弊し精神を病みかけて、結局政界引退となってしまった。
togetter.com
togetter.com
 更に許しがたいのは、佐藤氏にそのような「パワハラ」を繰り返していた人達が、こぞって今は、「れいわ新選組支持」を表に出して、似たような感じで政治家に絡んだり・れいわ支持者を煽ったりしてる。と云う事なんですよ。

(※リンクを自粛しました※)

 三宅氏を死に追い込んだ人達も、そういう人がたくさんいるんじゃないかと思います。今は、立憲民主党支持と言って、れいわ新選組と支持者に罵詈雑言を投げ続けたり・社民党や国民民主党に汚い軽蔑の物言いをネットで書いたりしてるのでしょう。

※この文章は、一週間くらいでnoteで「投げ銭購入」を全文読むのに必要にしよう…か迷っていますが、持続的な物書きへのご支援の為に、是非、noteからの投げ銭購入やサポートをお願いしますm(_ _)m
note.com

今年は、凄惨な悲劇が日常化する年になるのだろう。日本では。

 今年の日本は、去年の比ではないくらい凄惨な事件やテロが起こるだろうし、自殺も増えるだろう。と色々な所で書いてこようと思った矢先に、現実が追い越していった形にはなってるのですが…。

 「魚は頭から腐る」とは言いますし、今の日本社会が「頭から腐って」るのは事実なんですけど、実はその前に「しっぽから腐ってた」「頭が腐ってるのを隠し続けてきた」と言う構図があるように思うんです。
kotopawa.com
ameblo.jp
 「頭」が昔から腐っているのを、マスコミや社会が色んな形で隠し通してきた結果、歯止めがどんどんなくなり・挙句の果てには安倍晋三と取り巻き達が、腐敗してるのを積極的に進める事で権力を強めるようになってるから表に出ただけだと思ってるんです。

頭は昔から腐ってたし、しっぽも昔から腐ってた。

 そして、そうなったのは、実は「しっぽ」が腐ってるのを「しっぽ」が自覚してなかったからではないか。と言う事をここ最近考えてるんですよ。

 頭が腐ってるのが見えても、腐ってると言わないのが「大人」だ。と言う事を学校教育含めた社会でしつけられた事で、「頭」が腐り続けるのを助けただけではなく、自分たちも腐っていってるのがわからなくなった。

 そして、そういう事のしわ寄せは、専ら、本当の意味で「弱い立場」に置かれてる人と「腐った人達のうさ晴らしの標的にされた」人達が背負わされる訳です。

 そのような背負わされた人達が耐えきれないと声を出しても、それは、腐った人達によって押しつぶされる。

フェミニズム運動と自称「リベラル」の自分勝手さも、「腐ったしっぽ」の象徴ではないか。

 ここ最近、ネットで強い批判を浴びてる、フェミニズムとその周囲の人達の思想や物言いや振る舞い。と言う物は、その代表例ではないかと思うんです。例えば、男性が社会に苦しめられたり女性からの暴力や性暴力の被害にあったとして、その事を訴えることのむずかしさ・訴えても事件としてもらえないことが大半であるという苦しさを述べれば、すぐに「男性は強者なんだから我慢しろ」「マンスプレイニングだ」と非難を浴び、女性が男性を差別するような口汚い物言いをしたのを咎めれば「トーンポリシングだ」などと言って、正当化する。

 自分たちの好きな作品…鬼滅の刃であったりおそ松さんであったり、そのBL同人であったり…が性的アピールを強くしていて、それが十八歳未満でも見られる場に出てくるような事が普通にあるのは当然の権利であるのに、宇崎ちゃんは遊びたいのコラボポスターに対しては、セクハラで性的搾取だから根絶やしにしろ。というような人達が、大手を振ってる訳ですよ。
togetter.com
togetter.com
togetter.com

 色々な物言いに関しても、そう。自分たちに心地よくない物言いを「差別言論」「性暴力」と決めつけて攻撃し、根絶やしにしようとする動きが大手を振ってるのは、昔からはびこってましたけど、ここ最近は、それが隠れなくなってる。誰もが、お気軽に攻撃して、それが批判されたら「トーンポリシング」扱いされる。

※この文章は、一週間くらいでnoteで「投げ銭購入」を全文読むのに必要にしよう…か迷っていますが、持続的な物書きへのご支援の為に、是非、noteからの投げ銭購入やサポートをお願いしますm(_ _)m
note.com

「腐ったしっぽ」は、右にも左にも中道にも沢山いるのではないか。

 私は左側の人間だと自覚してるから、敢えて左側の人達の話を中心に書きましたけど、右側や「真ん中」の人達だって労働組合に限らず、働く人の権利を護れという動きが時代おくれだなんだと言う物言いを繰り返し・これからは経営者と投資家が主役なんだ。と言う事を言うようなろくでもない考えの人達が、それこそ話のすり替えや恫喝まで普通にやってのし上がっていったのを、喜んですら来てた。諌める人達はすみっこに追いやられ、西部邁先生のように、自殺を選択する人まで少なからず出てしまってる。

 そういう中で、自分が困ってたり苦しんでたりする事を口にすることすら「甘え」だと攻撃する腐った人達が社会で大手を振って目立ち・嫌がらせに時間やカネを惜しまないようになっていく中で、政治がどうかと言えば、野党はまだしも、与党は、本当に無関心と言うか、表むきは対策をやってるふりはしてるけど、経済政策や福祉政策・教育政策を見てると、どんどんと、追い込まれてる人達を更に追い込んでいくことをやってるし、個人が繋がっていくということを「治安」を理由にして、どんどんと制限していってる訳です。家出した少年少女が行き場を求めて他人の家に泊まれば、問答無用で(性的関係を持ったり監禁されてるわけでもない場合ですら)誘拐罪で逮捕されたりするのや青少年健全育成条例などでの色んな縛りも、要は、個人がつながらないことで治安を「よく」していこうという話ですから。

www.sankei.com
ceron.jp

誰かを非難し攻撃し・ネガティブな思いを共感しあい、行為をエスカレートさせることで「安心安全」な社会が出来ている。

 誰かを痛めつけたり罵ったりして、誰かの上に立ちたいとか、身のまわりの人たちと共感し合いたい。と言う事を出来るような「腐ったしっぽ」の人達の力が、却って強くなる訳です。形式的には、なかなか刑事事件にさせにくいですし、学校教育なんかで象徴的ですけど、特定の人をいじめることで連帯感を持つことで中をまとめるために積極的に使う事なんかも少くないですしね。

 これが、フェミニズムや自称「リベラル」から、自公政権や警察まで、一体となって進めてきた「安全安心で理想的な社会」なんですかね。私は、00年代の半ばから、度々予想をしていた状況でしたし、そういう風に、個人が分断され・苦しいことを無理に背負わされつつ、「しっぽ」同士が痛めつけ合う事で治安が護られ・「政治的に弱者とされる人達」の安心安全が強められる。と言う社会を、左右問わず目指してる人達が沢山いるんだな。とずっと思ってきましたから。

今年はオリンピックの年であると同時に、凄惨な年になるのでは。

 そういう中で、昨年の、登戸でのカリタス小学校の生徒を標的にした「通り魔」事件があり・京都アニメーションのスタジオでガソリンを撒いて放火して数十名を殺した事件があり、そして、今年頭からの相次ぐ自殺事件が起こってる。と言う風に、私には見えるわけです。全て、連続してるんだと。

 そして、アメリカがイラクに対して戦争を仕掛け・海上自衛隊がホルムズ海峡に軍事作戦に出る事が決まってるという状況や、なにより東京オリンピックが開かれる予定であることを考えると、今年は、不景気と福祉の切り捨てなどによって起こる自殺が増えるだけでなく、テロも出てくるでしょう。思想的・宗教的背景のない人が、この世を悲しんで「最後くらい多くの人間をまきぞえにしてやる」と通り魔をやったり・内戦を抱えてる人々から自爆テロを請け負って実行したり。
mainichi.jp
mainichi.jp

 監視した所で、防ぐことは出来ないのに、監視ばかり強めて行くのが、この社会なのですから。

※この文章は、一週間くらいでnoteで「投げ銭購入」を全文読むのに必要にしよう…か迷っていますが、持続的な物書きへのご支援の為に、是非、noteからの投げ銭購入やサポートをお願いしますm(_ _)m
note.com

カルロス・ゴーンの「国外逃亡」と、それを弁護する人達のふるまいから、2020年の日本と世界のありようを予想してみる。

 気がついたら、大晦日になっていました。
 今年も色々とありすぎて(自分の身の上でも)、気がつくと年の瀬も年の瀬に。
 特に、歳を取ってきてしまったせいか、時間の進むスピードが速くて泣けてきます。
 皆さんも、よいお年を。

※この文章は、二週間程度無料で全文公開しますが、その後はnoteで「投げ銭購入」で全文を見るようにお願いしています。どうか、持続的に文章を書けるようにするために、いくらかのご支援をお願いします m(_ _)m
note.com

カルロス・ゴーン日産元会長が、レバノンに「国外逃亡」。

 さて、大晦日になって、カルロス・ゴーン元日産会長が国外に「脱出」したというニュースが流れてきて、ネットの一部で大騒ぎになってますね。背任の疑いで逮捕送検されて、裁判を待つ間、保釈を認められて(海外への出国が禁止されていた)拘置所の外にいたのですが、大晦日になって、レバノンに脱出したと声明文が発表された訳ですね。

mainichi.jp
togetter.com
 色々な話が飛び交っていて真相がわかるのは少し後になりそうなのですが、どうやら、楽器のケースに入って空港の出国管理窓口を抜け、自分のプライベートジェットで日本を脱出し、上海でレバノン軍の輸送機に乗り換えたのだとか。
togetter.com
 完全に、レバノン政府がお膳立てしてる「脱出劇」だったようなんですよね。そして、ゴーン元会長は「日本の刑事裁判は人権侵害だ」「有罪ありきの裁判に耐えられなかった」と声明を出していて、そうであるがために、日本の左派を自称する人達の一部やリベラル達が、ゴーンが外国人差別が酷い日本から逃げ出すのは当然だ。と弁護し、日本の制度が悪いと非難をはじめてるわけです。
togetter.com

「リベラル」は、日本の外国人差別や司法制度の問題を理由にゴーンを弁護しているが…。

 ちょっと待て。と言いたくなる訳です。

 確かに、日本の刑事裁判の制度や運用のされ方は酷いものがあるし、最近は入管の問題のように外国人差別の問題も表面化していますけれども、カルロス・ゴーンと言う人がやった罪と言うのは、裁かれないといけない類の罪な訳ですよ。今回裁判にかけられてる背任の件もそうだし、彼が「リストラ」「コストカット」と称して、従業員や下請け業者をどんどん切って・安かろう悪かろう路線に日産を仕向けて行ってしまい、その事で日産という会社の製品がろくに買われなくなっただけでなく、従業員や下請け業者の生活をブチ壊し・自殺に追い込まれた人も少なからず出している中で、私腹を肥やしていた。と言う問題は、他の取締役が同じように私腹を肥やしていたのが裁かれないのはおかしいから自分は裁かれるべきではない。なんて話で済ませていい話ではない訳です。
mainichi.jp
 何しろ、いまのように日産という会社を「改革」したのは、カルロス・ゴーンの「トップダウン指導力」なんですからね。

smart-flash.jp
www.zaikei.co.jp

 それで従業員を苦しめる一方で、数千億円以上とも言われる資産をゴーン個人が蓄えていた問題は、他の人がどうこうとか、彼が外国人だからどうこうと言う話と分けられるべきなんですよ。

 何万人もの人々に対して、深刻な「罪」を犯したことを、差別などを理由になかったことにしようとする人達が、あろうことか「左側」からたくさん出てる。と云う事には、物凄い怒りすら感じるんですよ。いつもは労働組合と繋がったり、いくつかの労働組合が酷い扱い受けてるのに怒って「連帯」してるような人達が、カルロス・ゴーンが外国人だという理由で、労働組合や労働者への扱いを酷いことやったのを見逃すどころか「ゴーンを助けろ」ってやってる訳ですから。

上級国民の側に立って、人々と敵対し始めた「リムジン・リベラル」。

 既に、多くの国々で「リベラル」と言う物が、「リムジン・リベラル」を指すのも同じ言葉になってる訳ですよ。リムジンに乗って、頻繁にパーティをし、そういう裕福な仲間うちだけで物事を見たり決めたりして、貧乏な普通の人達を見下し・蔑み・自分たちの勝手な理屈を押し付けることを恥じない、「庶民の敵」であるのが、リムジン・リベラルな訳で。そういう問題が、要は、お金持ちや裕福な人々を「外国人」と言う属性だけで「仲間」「かわいそうな人」と捉えて、彼らを擁護するような所に、日本のリベラルが堕ちてしまってる。
www.businessinsider.jp
togetter.com
 彼らからすれば、ゴーン元会長が労働者と下請け業者を徹底的に虐めて路頭に迷わせ・氏に追い込まれた人すら少なからず出たことは「不都合な真実」「これはこれ」程度でしかないんですよね。これは、今回に限らずグレタ・トゥーンベリー氏が「二酸化炭素が温暖化を招いてる」と「怒った」のを、多くの人が「原子力発電を進めるために言ってる」と見抜いた上で批判してるのまで、「子供に何てことを言うのだ」「女性差別でだそれは」などと的はずれな物言いで非難してグレタ氏を「擁護」していたのと、共通してると思うんです。

 要は、日本に於いて、自分たちが「被差別属性だと思う」存在ならば、どんな酷いことをしても見て見ぬふりするし、許されるし、その人たちが自分たちのやった罪を問われたら、日本の制度や文化の間違ってる部分をつつき・些細な所のそれを理由に、どんなに酷いことや無法をやっても弁護し続けてる訳です。

 そして、それは、多くの人々を苦しめたり・多くの人々が間違ってると思うことに対して多くの人たちが怒ることを、上から目線で否定し・「遅れた救いがたい人たち」だと非難するだけでなく、見下し・同じ人間ではないから「多少の」暴言や暴力は許されるだろう。と言う事に直結してる訳です。
togetter.com
togetter.com
 それらは、多くの貧しくて力もなく・かといってリベラルが認めるような「被差別集団」に入ってもいない人達にとっては、金持ちや悪徳経営者とリベラルが同じ存在であるようにしか見えない。と言う事に繋がってる。

※この文章は、二週間程度無料で全文公開しますが、その後はnoteで「投げ銭購入」で全文を見るようにお願いしています。どうか、持続的に文章を書けるようにするために、いくらかのご支援をお願いします m(_ _)m
note.com

安倍政権の支持が底打ちしないのは、リベラルや左派にも大きな責任があるのではないか。

 今、「リベラル」なる人々が、今の安倍政権やそこにつながる人々以上に多くの人から非難を浴びているのは、リベラルなる人々が、最早、安倍政権やそこに繋がる人々と一体となって、庶民をいじめる側に立ってしまってるからだと思うんです。そして、その事は、「政治に携わってる誰も私の苦境を理解しない」「右も左も一緒になって自分たちに無理な要求をしバカにしてる」と言う思いになり、それは、今の安倍政権というのが物凄い酷いことをしていても支持率が下がりきらない。と言う現象に繋がってるように、私には見えて仕方がない。
toyokeizai.net
mainichi.jp
 安倍政権は、たしかに最悪だけど、それと「対立」してるようかに見える「リベラル」や一部の左派というのも、上級国民の側に立ってて、上級国民の価値観で庶民や庶民の文化を一方的に悪いものだと言ったりしてる上に、金持ちや上級国民が悪いことをしても、その人たちに「被差別属性」でもあったならば、それを理由に全力で弁護してくるような人達が、安倍政権と何処が違うのだろうか。仮に彼らが、民主党政権のときのように、安倍政権の代りに政権の側になったとしても、自分たちの扱いはほとんど変わらないだろう。そう思うしか亡くなっていく人が沢山いるから、政権交代への期待が高まらないし・安倍政権の支持率がひと桁パーセントまで落ち込むことも無いのではないかと、思うんです。

政権の腐敗と汚職と傲慢が極まっても、人々が批判に加わらない理由について考えてみる。

 これは、「桜を見る会」問題や「カジノ疑獄」問題を始めとして、今の政権の不正や腐敗・腐りっぷりが沢山噴き出してる現状で、反政権のデモや動きというのが「意識高い系リベラル」の外側に広がることがなかなか出来てない。と言う事の最大の原因なんじゃないかと思うんです。
mainichi.jp
mainichi.jp
mainichi.jp
 腐敗し尽くしてる上に庶民をシバいていじめぬいてる現政権と、それに対立する人達の本質的な違いというものがなくなってる。と、多くの人たちが「見抜いて」しまってる。

 多少なりとも「外国人」「女性」などと言う属性を噛ませる形で相手を非難したり嗤ったりした日には猛烈な勢いで袋叩き・リンチをしてくるような「不寛容な」人々が、安倍政権と正反対の立場を自称してるというのは、ある意味悪夢であるし、彼らが果たして安倍政権と反対側かと言えば、子宮頸がんワクチン問題や原発被害問題や表現規制問題など、いくつもの問題で安倍政権や安倍政権を支えてる人々と同調してしまってる。

政治の主役を上級国民の間で廻してるに過ぎないと「政権交代」が見放されてるのでは。

 上級国民から上級国民に政治の主役が移動するに過ぎず、その人々全体から自分の存在や自分の存在を支えてるものを護らないといけない。と言う人達が、最低でもこの国では大半を占めてるし、それは、多くの国でも同じなのでしょう。
biz-journal.jp
 この事が、こういう形で対立してるんだということが、2020年には、大きな問題として表面に出てくるのではないかと、私は思うのです。

 アベノミクスの破綻を今は隠し続けてるけど、12月になって隠しきれなくなってるし、それに「桜を見る会」問題がかぶさってる状況でもある。

 2020年は、早々から安倍政権が今まで何をしてきて・それをマスコミや(よしもと芸人を始めとする)芸能界がごまかすのを手伝ってきたか。と言うのがたくさん出てくる年になるでしょうし、それと同時に、それに相対する立場だったはずの「リベラル」や一部の左派たちが、実は、安倍政権を支える人達と同じ側に立っていたというのがはっきりと表に出てくる事になるでしょう。

 そういう時であるからこそ、私達はしっかり自分を持たないといけないし、色々なことを見直し・ときには冷酷に見放す「勇気」を持っていき、人々が自分たちの力で・今までとは別の方向性で繋がっていけるようにだけは頑張らないといけないのかな。などと思うのです。

※この文章は、二週間程度無料で全文公開しますが、その後はnoteで「投げ銭購入」で全文を見るようにお願いしています。どうか、持続的に文章を書けるようにするために、いくらかのご支援をお願いします m(_ _)m
note.com

「MANGAナショナルセンター法案」問題が浮き彫りにした、人々から恨みを買うことを軽く見ないほうがいい。と言う話を書いてみる。

 なんだかんだで間が空いてしまいました。もう、師走も半ばに入ってますが、果たして、年内にもう一回書けるのでしょうか…。なんとなく不安を感じつつ、天気が急変したのについていけてない次第です。皆さんも御大事に…。

桜を見る会」でのヤクザやマルチと総理達の深いご縁の追究から逃げ回ってる裏で、こんな事が。

 さて、国会が終わりました。野党が「もっとやれ」と言って会期を延長しようとしたのを、与党の人達が拒否するという形で。その事で、色々な法案がダメになったりもした訳ですし、ダメにならなかった法案もあった。ダメになった法案で話題になってたのが、いわゆる「MANGAナショナルセンター法案」でした。
togetter.com
togetter.com
 要は、漫画やアニメなどの生原稿に限らず・本やフィルム、その他の物品、更には特撮番組のミニチュアなどの、歴史的な意味での資料価値がある物を国がまとめて保管することで、今は、企業や大学などの人達が保管していて、おかねの面でも厳しくなってたり、川崎市のように、台風19号で多摩川が氾濫した被害を、資料がもろに被って修復がなかなか進まないような状況にあるのを、どうにかしていこう。と言う法案だったのですが、法律自体は野党と与党の議員さん達が共同で出していたんですが、与党側での優先度が低かったようで、ここ最近の「桜を見る会」の件でなおさら国会を開きたくないと言う与党側のご都合もあったりしたんで、宙吊りのまま審議がなされずに国会が終わってしまったわけです。
atac.or.jp
www.meiji.ac.jp
bijutsutecho.com
current.ndl.go.jp

この文章は、10日前後で、全文読むのにnoteでの「投げ銭購入」が必要になります。
どうか、持続的に書くためのご支援をお願いします!!!m(_ _)m
note.com

台風災害含めて国会から逃げ回ってる与党ではなく野党を非難しだした「反表現規制クラスタのオピニオンリーダ」達。

 で、国会の末になって、この問題をプッシュしていた学者さんや弁護士などが「野党がバーター取引をして審議を妨害してる」とか騒ぎ出して、それに乗っかる人がたくさん出た訳です。
 実際には、与党側が「この法案だけなら審議しても良い」と言い、野党側は「この法案以外のいくつかの重要な法案…大学入試改革(改悪と言っていいでしょう)を止めることなど…を一緒に審議するのが、慣例上も筋ではないか」と言い、平行線をたどって国会が終わってしまったに過ぎないのですが。
togetter.com
togetter.com
hbol.jp

 大学入試改革自体、自民党が主導していて、ベネッセを始めとする民間企業にかなり乱暴に試験の採点を丸投げしたり、内申書を使うようにしてたりなど、元々お金が豊富にある家庭の子供を優遇する中身である上に、子どもたちの自由を奪う中身なので反対が根強い訳ですね。
 そういう事で、教師からも子どもたちからもやめてほしいという声が相次いでる中で無理やり進められてる話なので、MANGAナショナルセンターとどちらを優先すべきかなんて、やりようがないと思うんです。

※ここから先は、noteで投げ銭購入の上、お楽しみ下さいませm(_ _)m
note.com

見出しのみ:

既に、古典芸能が「恨まれて」不当に酷い扱いを受けるケースが、大阪で出てしまってる。

マンガやアニメ・特撮などが「古典」となりつつある今を踏まえてほしい。

全ての文化には、逃れられないサイクルが、ある。

表現規制運動の中枢の人達は、00年代の原理原則を忘れたのか?

「宇崎ちゃんは遊びたい!」問題が露骨にあぶりだした、フェミニズムと「キモオタ」の間の噛み合わなさについて、少し交通整理してみる。

 やっと、寒くなってまいりました。本当に月日の流れるのは速いものですね。しかも、私、最近、Simutransと言うジオラマの中を鉄道を走らせるゲーム…A列車で行こうシリーズに非常に近い…を見つけてしまい、ハマってしまってるので、身体ボロボロになってます。「麻薬」かもしれません…。
https://simutrans.com/simutrans.com
japanese.simutrans.com

※この文章は、noteでも掲載しています。一週間から二週間程度で、noteでの「投げ銭購入」がないと全文を読めないようになります。どうか、持続的に物書きできるようにするために、ご支援投げ銭をお願いします!!!m(_ _)m
note.mu

「宇崎ちゃんは遊びたい!」問題から更に転がっていく諸々の議論。

 さて、「宇崎ちゃんは遊びたい!」の問題は、更に混迷を深めつつあるようで、先週の土曜日(11月16日)に、この件から起こった色々な議論から、青識亜論氏と(フェミニストの)石川優実氏の間で公開討論会があったり、昨日(22日)アベマTVで討論会があったようなのですが(今の時点では詳細を見きれてない)、前者の16日の討論会の方では、今ひとつ収まりの悪い終わり方に討論会が終わり・その後、石川優実氏が言葉を翻すかのようにして被害者であるかのように、主に「内輪」に対してブログやツイッターで言ったものだから、その後、特にツイッターが大荒れになってる訳です。
togetter.com
togetter.com

 私は「予想通りにおわったな」としか思えないんですけどね。れいの「#KuToo」のときにも色々な批判が石川氏には浴びせられてて、その時に逆ギレして自分は攻撃されてるだ虐められてるだ言い出した挙句に、周りの人達がそうだそうだと大合唱して、主張の問題点を真剣に考えるのではなく、自分達を100%認めろ。認めないお前らはクズだ。って話に転がっていってましたから。

アベプラでの討論会での「噛み合わなさ」は、昔と全く変わらない気がする。

 そして、アベマTVの方では、フェミニズム側が今までの主張を繰り返して、結局は平行線になったようなんですが、そこで福島瑞穂議員が、「胸」に対する性的な視線に女性が悩まされてきた。と言う話や「公共の場で出すのはいかがなものか」と言う話を繰り返してたようで(繰り返しになりますが、これを書いてる時点では詳細に討論会を見れていません)、いくつか引っかかると言うか、いい加減色々と交通整理したほうがいいかな。と思うので、交通整理よろしく、書いてみようと思います。
togetter.com
togetter.com

「性的な視線」のありようが急激に進化し、男女問わないようになってるいい時代。

 既に幾らかの人達から指摘がされてますが、性的な視線と言う物が、もっぱら女性に対してだけ向けられてるということにされていた時代というのが、00年代半ばまで続いてきてて、その上、胸だけが性的に見られてるという状況が続いてた訳ですよ。大体、70年代末から10年代の頭かその少し前くらいまで。
 今は、アダルトビデオやグラビア(絵とかではなく実写の方ですね)などでもあんまし煽り文句として連発されなくなってますけど、「巨乳」であることだけが、とても性的価値があるかのような物言いというのが、まぁ、私の記憶では80年代末から2010年前後まで続いてきてたのは事実ではあるんですよ。そして、今は(と言うか00年代辺りから)、他の場所に対しての性的価値というものが、社会で認められるようになったと同時に、男性に対しての女性からの性的価値と言う物も、おおっぴらとまではいかないまでも、ある程度表向きに、社会が認め始めるようになったと思えるんですよ。

 そして、「宇崎ちゃんは遊びたい!」を切っ掛けに色んなゴタゴタが噴き出してる今・2019年に至っては、男性も女性も、そのパーツの何処であっても、性的価値があるんだ。と言う事が、ある程度社会的に認められつつあるとは思うし、それは逆に言うなら、身体の何処かを強調しても、そのことだけで特別な性的意味合いを持たなくなりつつある。もう少し、「特定の個人」と言う物に対する「個人」の感性や感情で性的かどうかが決まる。と言うのが社会的に受け入れられつつあると言う事になるのですが、しかし、現在の状況よりも過去の経験を中心に考える人がフェミニズムやその周辺には多いようで、そこで、最初の部分の行き違いが起こってるように、気がついたという訳です。

※ここから先は、noteにて「投げ銭購入」の上でお楽しみ下さいm(_ _)m
 持続可能にするために、是非、ご支援をお願いしますm(_ _)m

note.com

以下、見出しです。

お互いに「だいじなもの・つらいもの」「大したことがないもの」が正反対で対立してるという、不幸。

フェミニズムの向こう岸にいる、「オタク」「キモオタ」が辛いと思うことの中身は、基本的人権の侵害そのものである。

フェミニズムが「反性暴力」「反ポルノ」に凝り固まり、なり振り構わなかった事で起こしてしまった、社会全体への不幸と呪い。

最低でも00年代までの「オタク」の大半は、若い時に著しい人権侵害を経験してる。

「左派・リベラル」に、絶対的な他者の基本的人権に対する想像力が欠けてるのではないか。

「踏みにじられ続けてきた側」が、自分達の力と頭で世の中を変えていってること。

「何事かを自分達の想いと力で変えていってる人々」への尊重の思いが「左派・リベラル」にかけていることの、不幸。

「宇崎ちゃん問題」と「ラブドール排斥運動」の盛り上がりから、「倫理」によって人々が壊され分断される世界を考えてみる。

 11月も半ばとなってしまいました。なかなか書くことが出来ず…。寝込んでる日が結構多かったという、困った状況にあります。天気の急変は、本当に嫌だ。

※一週間程度で、冒頭の一部以外はnoteで「投げ銭購入」をお願いして読んでいただくことになります、どうか、持続的なご支援をお願いしますm(_ _)m
note.mu

「宇崎ちゃんは遊びたい」問題は、この国の歪な所をどんどんと暴き続けてる。

 前回の続きのような話から入りましょう。
 赤十字が「宇崎ちゃんは遊びたい」とコラボした件、未だに問題がくすぶっている訳ですよ。コラボ自体は期間が終わったので一旦終了して、来年2月にもう一度やる予定がどうなるか。と言う話になってるのですが、このコラボを非難した側が暴走よろしく色々と言ったりやったりしてて、予断を許さないような状態がずっと続いてる。そして、色々な議論も起こってる。
 その中で出てくる話として、「倫理的でない表現を赤十字が使うな」というような話が出てる訳ですよ。倫理的であるかどうかに関しての分かれ道は、自分達の感覚で決める。と言ってさしつかえないような意見が普通に飛び交っていて、それ自体がコラボを擁護した人達から強い批判を浴びている。
togetter.com
togetter.com
 表現活動にせよ、普通に飛び交う言葉や議論にせよ、倫理的である事を要求することや、その「倫理」が非常に狭い範囲の人達が求める「倫理性」であったりする。と言うのは、特に欧米諸国やオーストラリアなどの旧大英帝国アングロサクソン諸国で猛威を振るってる「嵐」だと思うんですが、それ自体が、狭い範囲の人達が要求する事を全体に押し付け・それに反する言動や行動全般を違法化する中で押し付けていってる。と言う構造に依存してる物な訳ですよ。
 多くの人達が、その「倫理」によって不幸を押し付けられたり、罪を犯してないのに罪を犯したと言われ、長い間刑務所に入れられたり・GPSを身につけることを強制されたり、家などをお役所に晒されて嫌がらせを受け続けたりするような状況を、「社会正義」を盾にして政治的に正しいことだとして振る舞われてる訳ですね。
mediasabor.jp
wired.jp
 そのような不幸と言うよりも露骨な人権侵害としか言いようがないことを押し付けられた人達が声を上げようものなら、「犯罪者が何を言う」「悪に発言する資格はない」と袋叩きにされ、人権侵害を受けてる人達の立場がどんどんと悪くなっている。

自分達と全く違う人々に身勝手な倫理を押し付け攻撃すると言うヘイトクライム

 小児性愛者には人権がない・アニメーションなどのフィクションで少女や少年を出されるのを愛でる人々はリアルの子どもたちを加害するのと同じだから犯罪者だ。と息巻いてやってきた人達が、それをあらかた成功させて、その手の人達を「人権のない人々」に追いやり・地下に潜らせた後に、ケモノと人を混ぜたようなキャラクターを性的に愛でる「ケモナー」を攻撃し、この人達も同じように追い込みつつある中で、今度は、日本だと「ラブドール」などと呼ばれてる、人形を性的に愛でる人たちに対して、攻撃を始めてる訳です。
www.jfsribbon.org
togetter.com
 彼女ら彼ら曰く、「人形の少女を性的に加害するものは、実際の少女を性的に加害するも同じだから、同様に罰して人形も違法化しないといけない」。
hbol.jp
www.chosunonline.com

独りよがりな正義や倫理によって、多くの障害者がいわれなき攻撃に晒されてる。

 ところが…これは、ラブドールを作ってる業者さんも明言されてるんですが…ラブドールを使ってる方々の中には、知的障害や自閉症を抱えてたり、重い身体障害を抱えていて、実際の相手を見つけることが非常に困難な状況にあり、性欲のはけ口を探して・介助者に頼んだりしてきた人たちが少なからずいる訳です。そのような障害を抱えてる人たちと、人形自体に性的価値を見出した人たちが、利用者の大半を占めている訳で、加害性という意味では、非常に小さいと言っていい。
www.roridoll.com
www.afpbb.com

 しかし、ラブドールの違法化や利用者の処罰を要求してる人達は、彼ら障害者や人形に性的意味を見出す人達を、小児性愛に手を出した加害者だから排除せよと言っている。

 ここに、彼女ら彼らの抱える「倫理」のいびつさを通り越した醜さが集約されてるように思うんです。
 現実に害をなすことをしない人・なすことが困難な人を攻撃し、悪と位置づけ・人権を奪うことで「社会正義」や「倫理」を達成しようとし、それに対してその人達や周りの人達が声を上げれば「悪人のたわごと」だと言って切り捨てるだけでなく、世論を煽って攻撃させる。ここには、何の倫理もなく、自分達が抱えてるひとりよがりの「道徳もどき」を世界全体に押し付けて行こうという自己満足の精神だけが政治力や権力を得て飛び交ってる訳ですね。
※ここから先は、noteで「投げ銭購入」をお願いしますm(_ _)m
 どうか、持続的なご支援をお願いしますm(_ _)m
note.mu

以下、見出しのみ:

道徳もどきの倫理が嵐のように吹き荒れてる国際社会で、人々が闘い・抗う日本は「遅れてる」のか?

内側に踏み絵を踏ませ・不条理を押し付ける「運動ムラ社会」。

運動ムラ社会に迎合した「社会運動ソルジャー」達がインテリや野党支持者であると言う事が安倍政権長期化を助けてきた。